syntastic+rubocopでrubyのコーディング規約のチェックをするときに独自の.rubocop.ymlを適用する

以外になかったので残しておく

vimでコーディング規約のチェックをしたい場合、syntasticを利用すればできるけど、syntastic+rubocopでコーディング規約のチェックをしようと思ったときに
独自の.rubocop.ymlってどこに設置すればいいんだっけ?ってちょっと悩んだので、そのときの備忘録

とりあえずrubocopをインストールしていない場合はgemで落としてくる

$ gem install rubocop

これでrailsアプリケーション内で

$ rubocop app

みたいにアクセスするとapp配下の*.rbファイルがコーディング規約に準じているのか簡単にチェックができる
で、このときにチェックされるコーディング規約っていうのが確かここらへんになるんだけど、
そのルールをチームによっては変えたい時がある。
その場合はアプリケーション直下に.rubocop.ymlを置けば適用されていた。

本題はここから、
これを使って、syntastic+rubocopでチェックをするのはこんな感じ

NeoBundle 'scrooloose/syntastic'
...
let g:syntastic_enable_signs=1
let g:syntastic_auto_loc_list=1
let g:syntastic_mode_map={
\  'mode': 'passive',
\'active_filetypes': ['php', 'ruby', 'javascript'],
\'passive_filetypes': []
\}
let g:syntastic_ruby_checkers=['rubocop']

ただ、この場合は、さっき設置したアプリケーション直下の.rubocop.ymlを見にいかない。
設定を変更する場合、自分のホームディレクトリに.rubocop.ymlを置かないとダメらしい。

ちょっと考えればわかりそうなとこなのに、簡単なところにつまづいたなー