webistranoでPHPプロジェクトをデプロイしてみる

だいぶ放っておいた。。

かなり前のwebistranoをapacheで動かしてみる(インストール編)の続き、今回は実際にwebistranoを利用してみる。

1. とりあえずログイン

初期のID/PWは、共に「admin」

ログインするとこんな感じのページに遷移する。

Introduction and helpと書いてあるところに、WikiやHelpのリンクが張ってあるのだが、サイトのURLが変わったのかどれも404ページ。
とりあえずgithubのほうにそれぞれ対応していそうなページがあったので、載せておく。

で、左ナビにいくつかメニューがある。たぶんこんな感じかと。
「Projects」…デプロイ用のプロジェクト
「Hosts」…Capistranoからデプロイするサーバー
「Recipes」…デプロイファイル?
「Users」…このアプリケーションにアクセスするためのユーザー

2. とりあえずプロジェクトを作ってみる


今回デプロイするプロジェクトはPHPなので、Project Typeは”PureFile”にしておく。

プロジェクトを作成すると、プロジェクト毎の設定画面に遷移する。

Project configuration

ここではdeploy.rbで設定していたようなSSH・SCM・デプロイ先などの情報を入力するらしい。
初期に定義されていない定数は、New configurationで追加できる。
とりあえず必要最小限で以下の値を設定

application
アプリケーション名
deploy_to
デプロイ先のパス
デプロイの種類(export or checkout or copy or remote_cache)
password
SSH接続のパスワード
repository
SCMのリポジトリURL
scm
SCMの種類
scm_password
SCMのパスワード
scm_username
SCMのユーザーID
user
SSH接続のユーザーID
use_sudo
SUDO権限の利用

Stages

開発・検証環境の構築
今回は開発環境のみ構築するので、”dev”を入力。

NoMethodError in StagesController#showのエラーが出た。
色々調べてみたら、webistranoのバグらしい。
ここらへんを元に、ソースを修正してみる。


表示されるようになった。

3. デプロイ先のホストの指定

Hostsから

成功するとこんな感じ。