tigを利用してgitをCUIから利用してみる

最近、仕事環境が大きく変わったので、全体的な環境の見直しネタばかりだ。。

具体的には、
バージョン管理がsubversionからgit、
利用OSがwindowsからmacへ、
開発環境がeclipseからvimてな具合に。

そして、バージョン管理がgitに変わったところで、ついでにリポジトリビューアーもCUIで利用できるtigに変えてみた。

使い方

Tig: text-mode interface for gitとかを参照。

インストール

macにはhomebrew、linux(CentOS)にはyumで入れることができる

brew install tig
yum -y install tig

前までTortoiseSVNを使っていた人間だけど、現状ではあまり不便は感じていない。というかかなり使いやすい。
使い方もgitのリポジトリ内で

tig

ってうつだけで、そのリポジトリのログを閲覧できるし、対象のログをEnterするだけで、差分が見れる。
ちなみに、特定のファイルのログを見る場合には

tig -- /path/to/file

でOk。

だんだんコンソールから離れられなくなってきた。。