Gitの導入(リポジトリの追加〜インストール)

会社ではSubversionを利用しているが、一度触ってみたいと思ったのでこの機会にインストールしてみた。

1.リポジトリの追加

とりあえずyumから行けるかなと思って

yum install git

を実行してみた。が、No package git available.なんたらのエラーを返してきた。
エラーの通り、Git パッケージを含むリポジトリを追加する必要があるらしい。
追加方法は色々あるようなのだが、RPM Forgeリポジトリからなんとかしようとしてかなりハマった。。
そして結局Webtaticリポジトリから追加。

以下はrootユーザーで実行

# rpm -ivh http://repo.webtatic.com/yum/centos/5/latest.rpm

インストール後、該当のデータがちゃんと追加されていることを確認

# ls /etc/yum.repos.d

※ webtatic.repoが含まれていれば正常にインストールできている

上記で確認したリポジトリ設定ファイルを以下のように修正

[webtatic]
name=Webtatic Repository $releasever - $basearch
#baseurl=http://repo.webtatic.com/yum/centos/5/$basearch/
mirrorlist=http://repo.webtatic.com/yum/centos/5/$basearch/mirrorlist
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-webtatic-andy

※ enabled=1とする

2.yumからインストール

設定完了後、もう一度yumでインストール。
このとき、webtaticリポジトリを有効にするために

--enablerepo=webtatic

を付与する

$ # yum -y install --enablerepo=webtatic git

インストール後、gitが正常にインストールされているか確認

# git --version

3.ユーザーの設定

$ git config --global user.name git-admin
$ git config --global user.email git-admin@domain.com

4.設定の変更

#
# 色づけ
#
$ git config --global color.diff auto
$ git config --global color.status auto
$ git config --global color.branch auto
#
# diffツールの設定
#
$ git config --global merge.tool vimdiff

5.設定の確認

$ git config --list

これでGitが使えるようになったはず。
次はローカルリポジトリ作成縲怎Rミットまでやってみる。