コンテンツの一部にCakePHPを利用する際、心がけたいこと

個人的に無意識に対応してしまっていたので気を付けたい。

一部のみ動的なコンテンツをとしてCakePHPを利用する場合、CakePHPをダウンロードしたものをそのまま使うと、ドキュメントルート直下すべてがCakePHP適用範囲になってしまうため、htaccessはTPOに合わせて調整しないといけない。

初期の.htaccess

    RewriteEngine On
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteRule ^(.*)$ /index.php?url=$1 [QSA,L]</pre>

これを以下のように変更

    
    RewriteEngine On

    RewriteCond %{REQUEST_URI} ^/hogehoge/(.*)$
    RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.(js|ico|gif|jpg|png|css|php|html|avi|swf|inc)$
    RewriteRule hogehoge/(.*) /webapp.php?url=$1 [QSA,L]

    RewriteCond %{REQUEST_URI} ^/fugafuga/(piyo|poyo)(.*)$
    RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.(js|ico|gif|jpg|png|css|php|html|avi|swf|inc)$
    RewriteRule ^(.*)$ /webapp.php?url=$1 [QSA,L]

※index.phpを変更するのも忘れずに